Duecinquanta Competizione
vinsmotors公式ページ

まさかのまさかですよ。
何回まさかって書くんだってくらい書きたい。
買ったままで公道といった車種がまた日本で買えるようになるなんて…
当たり前のようにもう公道2st新車は不可能と思い込んでいた昨今にこのニュース。

世の中、ガソリンさえ捨てて電動へシフトだとか言ってるさなか、イタリアはえげつないな。
きちんと現代ヨーロッパ規格をクリアして、日本でも販売してくれるって、努力に感激します。
どこの国々かわすれたけれど、おそらくアメリカかどっかで古い大切にされてる車は税金が安くなると聞いたことがある(公開でかくなら調べろって?そんなことよりDuecinquanta Competizioneを調べたいんです。)
日本も「もったいない文化」というなら税金にも反映してほしいですが、逆に高くなりますからね。


本家ページを参考に書いていきます。
「本物のレーサー体験」
でしょうね。公式ページトップに書いてあります。
ノーマル250㏄で75馬力とか、かつてのホンダNSR250やアプリリアRS250を超えて来たのだから間違いなく最高峰です。
しかも軽い、102kgだとか。今手元にあるRS250マニュアルによると乾燥重量(peso a secco)は141kgなのでパワーウェイトレシオも半端ない! NSR250はマニュアルがないので重量は割愛します。
現代技術を盛り込んだ2stはいったいどんなバケモノに仕上がっているのか一瞬でもいいので乗ってみたい。

よくある質問:きっと購入は無理な金額なんでしょう?
回答:はい

公道走行可能なDuecinquanta Strada(ストラーダ)はbikebrosさんによると990万円! ちなみに公道用は3kg重くなるらしいが誤差でしょう。Competizione(コンペティツィオーネ)の750万円より価格差だけで高級バイク一台分並みと、ずいぶん高くなるのは、公道規格対応用の開発費などの金額は全部こちらに乗っけてきたのだと思います。しかたないですね…
差分の3kgが240万円の価値ある苦労、キロ80万円ですよ、750mlだと60万円とんでもない高級ワインです(vinsだけに…)

上記で乗ってみたいと言ってはみたものの、そもそも実物を見ることができるかどうかも怪しいくらい希少になるんじゃないでしょうか?
もし、もしですが、購入した方がみておられたら、私のRS250とツーショットの記念写真だけでも良いので撮らせてください。
お願いします!!

買えないし、見られないだろうけど、何だか楽しみなニュースでした!

今も人気で何世風靡しているかわからない村正が居た三重県桑名市。
刀が使われていた当時は鍛冶職人たちがたくさん活躍していた街に、今は鍛冶職人が現役の店は一軒しかない…

鍛治町にある、その名も廣房打刃物店

激戦区を勝ち抜き頂点に立った技で作りあげた握り鋏(糸切り鋏)と切り出し刀をゲットしてきました。

桑名市の廣房の刃物、握り鋏と切り出し刀

使いたくないくらいカッコいい。

とても親切に手入れ方法や材質の説明をしていただきました。
こんな立派な道具で、永遠に作品が道具負けし続けそうでも、作る楽しさは増しましです。

楽しければいい、大切に使います!

 

 

 

簡易燃費計算燃費履歴を追加しました。

バイクをはじめ日々の乗り物ライフにお役立てください。

こんな機能があったらいいのになぁって声があればお知らせください。
お役にたてる機能(モジュール)を作成して随時増やしていきたいです。

お力になれるようにがんばります!

 

世界でクリーンエネルギーが重要視されているなか、約4億年も前からある自然の力だけを使った最高のクリーンエネルギーがあることはご存じでしょうか?
生産に時間は少しかかりますが、土地さえあれば余すことなく設置でき、設置方法はほぼ歩いて土地をめぐるだけととても簡単にできます。
設置した装置は自然と徐々に大きくなり、全体にくまなく高密度に炭素を蓄え、その蓄えた炭素と酸素を結合させてエネルギーを得る方法です。

外務省によると日本は一日471.4万バレルの石油を使っており、一人頭6リットルです。
また、石油連盟によると原油1リットルで9,139kcalとなっています。
一方で農林水産省から装置一つに82kgもの炭素を蓄えることができると報告があります。

炭素1mol(12g)の酸化(燃焼)エネルギーは394kJなので、
装置一つの炭素量(mol) 82000 / 12 ≒ 6833.33
装置一つのエネルギー(kcal) 6833.33 X 394 X 0.24 ≒ 646160
装置一つを石油換算 646160/9139 ≒ 71

装置一つになんと石油71リットル分ものエネルギーが蓄えられ、12日分ものエネルギーを取り出せます。
その装置の名称は・・・


木!


ご存じでしたか?

 

---

上記の農林水産省(林野庁)の情報は40歳のスギです。
石油ができるまでには途方もない年月がかかるので実質不可逆なエネルギーですが、身近な木でさえも40年をたった12日で使ってしまうことになります。


寒い日にあなたを温めてくれる200mlのお湯を沸かす19kcalは10.3時間(日照時間で考えたら4.5時間位ですけど)も木が働いてくれた恩恵です。
薪を燃やすときは、木が放つ熱にプラスして、ぜひ木の生きてきたぬくもりや偉大さも感じてくださいね!

 


・ジョークタグ記事は夜のテンションで書いた恥ずかしい記事ですので流し読み推奨。
・各サイトに敬意を払ってそのままカロリーを使っていますが、カロリーは非推奨単位です。

人を楽しませることに全力を振っているなるなる王国のお二方、なるなるさんとりょうたろうさん。
他のyoutubeチャンネルとは一味違う雰囲気をもっています。


お客さんが「昨日までより人生が楽しくなる」ようにとモコモコハウスcafe&barを先日オープンされました!
ぜひ私も楽しませてもらいに行きたいです、いや行く。
さらにはLIBONというリラクゼーションも経営されてます。


いつも元気をくれてありがとう!
陰ながら応援しています。